手汗 足汗 手術

手汗・足汗を手術で治すのはおすすめできない!?

 

手足の汗に悩みを抱える人は多く、仕事に集中できないという人は多いと思います。

 

多汗症治療で最終的に手術を受けるという人は多いようですが、実際に手術を受けた人のクチコミを見てみるとおすすめできないことがわかります。

 

手術は最終手段として考えておき、副作用は避けて通れない道だと思っておきましょう。
ワキガ手術は、副作用が少ないと言われていますが、手足の手術は何らかの副作用が出る可能性が高いみたいです。

 

どんな副作用があるの?

手の場合は、手に出るはずの汗が他の部分から大量に出やすくなるケースがあります。
顔や頭など、通常よりも汗をかきやすくなる場合があるようですので、おすすめできません。

 

足の場合は、男性に限りますが、射精障害が起こる可能性があると言われています。

 

手術の時間は15分から30分と短く、費用は3万から10万円ほどと気軽に受けられるイメージがあるかもしれませんが副作用があると何かと心配です。

 

さらに、手術を受けたとしても、その効果は永久ではないようです。数年すると再発するという場合もあるみたいです。ですから、どうしても手術を受けるという場合は、よく考えよく病院の先生と相談して、不安材料を全て解決してから受けるようにしましょう!

 

自己治療も考えましょう

手術は不安なので、自己治療に専念している人も多いようです。

 

呼吸法を変えただけでも発汗作用が働きます。体のめぐりを良くして、呼吸法を大切にしている「ヨガ」などもおすすめの改善策だと思います。また、つぼマッサージも効果的なので、自分の出来る範囲でコツコツと自己治療していく方法も良いと思います。